News

掌のひらに、小さな春です
室内に置いてあった紅白の長寿梅が揃って咲いた。
なんだかめでたい感じ。
もう少し我慢すれば、寒さもゆるんでくるって思えるから嬉しい。

 

 

 

イーモん見っけ

これは、サトイモ科の一種でフィロデンドロン・クッカバラ。

苔玉は、苗を探すのも楽しみのひとつです。

美人に出会った時の感動に近い。
なんであんなに足が長いんだ!
澄んだ瞳に吸い込まれそうっ!なんてね。

 

 

冬のチョコレート

正式名は、カルーナ・ブルガリス・ウインターチョコレート。

赤い葉が何とも素敵です。

ウインターチョコレートという名前、誰が考えたんだろう・・・?

 

 

原種に近い南天?らしい

南天は「難転」に通じ、「成天(なるてん)」とも呼ばれ、「家庭円満」「願望成就」の吉祥の縁起木となった。
人々は魔よけ・厄よけとして家の周りに植え込んだり、祝い事には床の間に活けたり、進物にその葉を添えたそうだ。

写真は、琴糸[錦糸]南天(きんしなんてん)という一般に見かける南天よりも葉が小さく繊細で貴重な品種となってます。

苔玉にしてみると、まるで骨董品を飾ったような気持ちになります。