News

大先輩のお宅では。

ユーザーシリーズ第3弾。

ゴルフと麻雀仲間で御一緒に遊んでいただいてる

大先輩に差し上げた苔玉(紫おもと)は、

そのお家でこんな風に飾られていました。

可愛いです。幸せそうで、少し恥ずかしそうです。

骨董好きな先輩

昨年骨董を趣味にする先輩から苔玉を欲しいとお願いされました。

苔玉が骨董品と一緒に並んだ風景を思い浮かべながら

花屋さんを回り苗を探しながらイメージしました。

選んだのは、小さな葉をもつ苗、その名はソフォラミクロフィラ リトルベイビー。

先輩から数日後写真が送られてきました。

カッコイイ~!シブーイ!その場所でガンバレヨ!

 

ギャルソンガールズ

私の住んでいるあざみ野駅近くに、素敵な美容室があります。
カリスマ美容師(店長)のいる美容室ギャルソン「Garcons」、いつも頭をすっきりさせていただいてます。

この店に苔玉をいくつか置かせていただいたところ、居心地がよほど良いらしく植物も苔もすくすくと元気に育っています。
写真のギャルソンガールズのお二人が毎日丁寧にかわいがって世話しているおかげです。

こんな小さな苔玉を大切にしてくれるお店は、お客様も大事にしてくれるお店なのです。

 

 

甦る感動

可憐な花ムレチドリ(ラン科)が、昨年冬を越せずに枯れてしまった。

ベランダにほっぽりなげていたのですが、なんと!カラカラの苔玉の穴の中に

緑色の新芽が出ていた。 たぶん可愛がりすぎて水をやりすぎたのが原因だったのかもしれない。

今度こそ大事に育てたい思いです。

カイドウが満開、クモマソウも負けてないよ
ピンク色の花・カイドウは、中国原産の落葉樹で、庭木や鉢花として親しまれています。リンゴの仲間で日本には江戸時代に入って来ました。漢字で書くと『海棠』です。棠は梨のことで、海棠とは海外から来た梨という意味です。 中国では古く牡丹と並び称されて人気の高い花で美人を表す言葉でもありました。
一方ヨーロッパ原産のクモマソウは、白く可愛いユキノシタ科です。花言葉は活力、遠い思い出、愛らしい告白。 可愛いですが、相当な活力があります。 皆さんはどちらの娘さんがお好きですか?
どうです、中国とヨーロッパ、日本の苔の共演。 私はカイドウが、北を向けばホッカイドウ、東を向けばトウカイドウなんてね・・・楽しんでます。


あちこちで春です。

①姫リンゴに花が咲いた②雪割草が苔を割って花を咲かせた③姫ネコヤナギも毛が生えた

動物の名のついた可愛い花

花の名は、ハナキリン。茎が上へ上へとどんどんキリンさんのように伸びてゆきます。

茎にはとげもある多肉植物でアフリカ・マダガスカルに分布するそうです。

サボテンと思えばいいのかな・・・あまり水やり過ぎると枯れちゃうから、1週間に1度ぐらいでいいかも。

ビックリ苔力!

ツツジ(ミヤマキリシマ)の鉢植えの根元に発見!

この苔なんだろう? 知ってる人教えて。

たぶん普通にヤマゴケだと思うけど、この胞子すごいね!