News

青山・器大福さんに是非苔玉見に来てくださいね。

アイキャッチ写真はガジュマル、

クリスマスローズ、IMG_3968 風蘭IMG_3970など他にもいろいろありますよ。

苔玉を乗せる専門の器があるのも、この店だけだと思います。

 

*器大福さん:港区南青山3−8−5  Tel:03-6326-7482

 

本日1/22の苔玉創りは、クリスマスローズとヤブコウジでした。

アイキャッチ写真は、今回初参加の方の作品です。

素晴らしい作品に出来上がりました。 私も嬉しいです。

IMG_3967これは昨年末に創ったある生徒さんの作品(根上がりサツキ)です。見事に花が咲きましたね、芸術です。

皆さんも、今年は何か新しいこと始めてみませんか。

苔玉創りは手先を動かし、季節の植物を五感で感じることから脳を活性化させます。

苔玉康介の教室は女性の方がほとんどです。

男性の方にも、小学生以上の子供たち、外人の方々にも是非体験していただけたらと

思っています。

2月の教室の詳細です。今年も宜しくお願いします。  苔玉康介拝

日時:2/27(月)

場所:横浜市あざみ野駅東口徒歩3分 「山内地区センター」3階 工芸室

人数:16人(完全予約制・先着順)

お申込み・問い合わせ:苔玉クラブ代表 畑井律子

このホームページ CONTACTからお申し込みください

申し込み締切日:2/19(日)

会費:2,500円[講習料・持ち帰り特別苔玉1個・材料費込み]

持ち物:薄い手袋(土を練るため)ハサミ(糸を切る)持ち帰り用袋

講師:苔玉康介

*3月は26日の日曜日です。

2017最初の苔玉教室は美女に囲まれ。

1月14日土曜日、全日空白鷺会(元スチュワーデスの皆さん OG会)15名の皆さんと苔玉創り。

DSC_2658 2土を捏ね、苗をポットから外し、根から古い土を落とし、DSC_2722 3 苗を新しい捏ねた土に包み込み丸くする、丸くなった土を緑の苔でくるみ、DSC_2696 2糸で巻く、DSC_2711 2最後に糸を結んで出来上がり。DSC_2774 2

皆さん真剣そのものDSC_2722 3、カニを食べる時と同じように黙々と作業、DSC_2725 2DSC_2733 2時々笑顔、笑顔。   楽しい時間の終了です。   白鷺会の皆さんありがとうございました。  苔玉康介拝

2017年 あけましておめでとうございます。

今年こそ良い年になりますように。img_3870

今年は何か新しいこと始めませんか? 苔玉創りは、手のひらに乗る緑の地球。

1月の苔玉教室のご案内です。

男の方も外人の方もお年寄りもお子さんたちも是非ご参加ください。

土を練り、苗を入れ、苔を貼る。その時の植物の成長をじかに感じ季節を味わう。

手を動かし、五感を自然に使うため脳が活性化し、人間にとって何か大事なことを教えてくれるでしょう。

日時:1/22(月)

場所:横浜市あざみ野駅東口徒歩3分 「山内地区センター」3階 工芸室

人数:16人(完全予約制・先着順)

お申込み・問い合わせ:苔玉クラブ代表 畑井律子

TEL045-901-3970 メールkoo_hatai@yahoo.co.jp

申し込み締切日:1/15(日)

会費:2,500円[講習料・持ち帰り特別苔玉2個・材料費込み]

持ち物:薄い手袋(土を練るため)ハサミ(糸を切る)持ち帰り用袋

講師:苔玉康介

 

ラッキョウの花咲いたよ

ミヤマラッキョウ満開。親父の好きだったラッキョウ、仏壇に供えました。

オヤジ、喜んでいただけたでしょうか?

あざみ野せんたーまつり大盛況

11月5・6日苔玉クラブの皆さんの成果をお見せ出来る日がやってまいりました。

ずいぶんと苔玉管理が行き届き、上手な仕上がりと器を工夫して楽しむ様子が見に来ていただいた方にも伝わったのではと思います。

では、その風景をご覧ください。img_3830img_3832img_3833img_3834img_3837img_3839-1 img_3842img_3841皆さん、お疲れさまでした。今後の苔玉教室は、12月5日(月)、1月は、22日(日)です。初めての方もcontactページよりご連絡下さい。

あざみ野センターまつりに出展する苔玉達

10月の苔玉教室は、センターまつりに出展する苔玉を作りました。

苔玉の皆さんは悪戦苦闘しながら一生懸命作りました。

あざみ野地区センターまつりは、11月5・6日10:00〜16;00、

ぜひ皆さんにも見ていただきたい。クラブの皆さんは、自分なりの器を探し出し演出して出展します。

アイキャッチ写真はビナンカズラ。以下img_3777葉の丸いツバキまどかimg_3774ポトス・テルノシャングリラ

img_3770根上りサツキimg_3768イヌビワ・イワオモダカimg_3772

スィートメキシカンハーブ・リッピアなどなどたくさんの作品が並びます。

場所はあざみ野駅から徒歩3分地区センター1F奥右側です。

11月の苔玉教室葉お休み、12月は5日月曜日です。夕方忘年会もやります。

9月最後の日、器青山店に納品しました。

アイキャッチ写真は、ハゼノキimg_3741台湾ホトトギスimg_3723ツル梅モドキimg_3722シンジュノキimg_3742ヤマザキリンドウimg_3719アメリカツリバナimg_3737大輪白花ネジバナなど

まだまだたくさんあるよ。珍しい苔玉なので是非見てやってね。  苔玉康介拝

器青山店:港区南青山3−8−5  Tel:03-6326-7482  HP:www.utsuwa-daifuku.com 11:00~19:00 火曜定休

10月の苔玉教室は      16日・日曜日です。

皆さん久しぶりです。

夏は一番植物の苗が少ない時期でして、苔玉教室もお休みしていました。旅行などで留守する人も多かったと思いますが、この夏10日間の留守中の苔玉管理で私は次のことを試しました。

(いつもは一軒家の友人の庭に預かっていただいていたのですが、甘えてばかりいられないのでなんとかしなきゃと考えました)

ハッポスチロール内に大きめのゴミ袋を入れ、その底に古い苔を敷き(土でも大丈夫だと)その上に苔玉や苗ポットを入れ

水を苔玉の三分の一ぐらいまで入れ、ゴミ袋はホチキスで軽く止め空気が十分出入り出来るようにしておいた。

そして全体に日陰を作るため遮光ネットを上からかけるというふうにしました。預けておいても2・3個ダメになるのに、今回は全て苗や苔玉は生き生きとしておりました。

ハッポスチロールは偉い!参考にしてください。

9月の苔玉教室は小さなハゼノキ林とユリ科縞縞の葉が素敵なシマツルボ(写真)を題材にしました。ハゼノキはかぶれる人もいましたが勇気を持って作りました。秋の紅葉が楽しみです。

10月の教室は、11月5・6日あざみ野センター祭り出展する苔玉創りです。いつもと違い其々別の苔玉を創ります。

別の教室で苔玉作りに参加した微笑ましい親子がいました。お子さんは小学生で夏休みの自由研究で苔玉創りをして、はまってしまったとのことでした。今から土や植物に関わっていると将来

が楽しみですね。初心者の方も大歓迎ですからどうぞお気軽に連絡ください。詳細は以下の通り

日時:10/16(日)

場所:横浜市あざみ野駅東口徒歩3分 「山内地区センター」3階 工作室

人数:16人(完全予約制・先着順)

お申込み・問い合わせ:苔玉クラブ代表 畑井律子

このホームページ CONTACTからお申し込みください

申し込み締切日:9/11(日)

会費:2,500円[講習料・持ち帰り特別苔玉1個・材料費込み]

持ち物:薄い手袋(土を練るため)ハサミ(糸を切る)持ち帰り用袋

講師:苔玉康介

*あざみ野地区センターまつり

日時:11/5(土)6(日)10:00〜16:00