Read More
ピンク色の花・カイドウは、中国原産の落葉樹で、庭木や鉢花として親しまれています。リンゴの仲間で日本には江戸時代に入って来ました。漢字で書くと『海棠』です。棠は梨のことで、海棠とは海外から来た梨という意味です。 中国では古く牡丹と並び称されて人気の高い花で美人を表す言葉でもありました。
一方ヨーロッパ原産のクモマソウは、白く可愛いユキノシタ科です。花言葉は活力、遠い思い出、愛らしい告白。 可愛いですが、相当な活力があります。 皆さんはどちらの娘さんがお好きですか?
どうです、中国とヨーロッパ、日本の苔の共演。 私はカイドウが、北を向けばホッカイドウ、東を向けばトウカイドウなんてね・・・楽しんでます。